授産製品デザインクリニック 『デザインの起・承・転・結』 閉幕

昨年度のテーマであった『いいデザインって何だろう?』では、「いいデザインにはしっかりとした目的がある」事を学びました。しかし、それだけでは色や形が自然と決まる事はありません。

今年度は、そんな<目的>と<色・形>の結びつきを考えようと『デザインの起・承・転・結』というテーマで各地区(東・中・西)2回のクリニックを開き、去る1月25日にはその締め括りとして、全地区合同の品評会と特別セミナーを開催いたしました。

当日の参加者は50名超。改善製品を持ち寄っての品評会、マジェルカ 藤本氏によるバイヤー視点からの厳しいご指摘、フォトグラファー 坂本氏のユーモア溢れる実演指導と熱気に満ちた一日となりました。参加者それぞれ持ち帰ったものは様々だと思いますが、「商品」として今後何に取り組むべきかを掴めたのではないでしょうか。

来年度も参加者アンケートを参考に、授産活動の一助となる機会を提供していきたいと思います。

 

授産推進部会委員長
グレース工房 安間 孝明


東部②.jpg中部①.jpg西部①.jpg
- 10月~11月に実施した各地区でのクリニックの様子 -

評価会③.jpeg評価会_②.jpg評価会_③.jpeg
- 品評会の様子 -  改善内容がイイ!商品としてイイ!と思った製品に投票

商品.JPG
- 商品イイね!上位製品 -

改善.JPG
- 改善イイね!上位製品 -

セミナー_①.jpgセミナー_②.jpeg講評.jpeg
- 特別セミナーと品評会上位製品講評の様子 -



 【講師リンク
   ■デザインクリニック 講師・ファシリテーター
      taktlogo.gif
   ■特別セミナー 『授産製品を作る事と売る事』 講師
    セレクトショップ「マジェルカ」店長 藤本 光浩 氏
     banner_S.gif
   ■特別セミナー 『身近なデジカメで素敵な写真を撮る方法』 講師
    フォトグラファー  坂本 泰士 氏
     tsakamoto.JPG

 【参考
   本取り組みは 福祉施設製品開発ワークショップ[ワンステッププロジェクト] として
   その活動が評価され、2013年度グッドデザイン賞を受賞しました。
      ⇒ http://www.g-mark.org/award/describe/40607