"これからの作業所はどのようにあるべきなのか?" 利用作業所に対するアンケート調査にご協力下さい

作業所(障害福祉サービス事業所)をご利用のご本人様とそのご家族のみなさまへ

 

日毎に寒さが増しておりますが、皆様にはお元気でお過ごしのことと思います。日頃は当法人加盟作業所の運営にご協力をいただきありがとうございます。

さて、近年障害福祉は「障害者自立支援法」によって大きく変わり、各地域の作業所も様変わりしてきました。さらに来年4 月からは「障害者総合福祉法」が施行されます。

このような制度の変遷の中で、これからの作業所はどのようにあるべきなのか?制度に振り回されるのではなく、作業所は本来どのような場で、何を役割とするのか原点に立ち戻って考えようと、当法人では関係者で話し合っています。そして、みなさまの意向を尊重し、反映させていきたいと考えています。

そのために、利用作業所についてのアンケートをみなさまにお願いしたいと思います。

実施にあたっては、ご利用の作業所からアンケートをお配りしますが、第三者が回収・集計しますので、作業所の職員がみることは決してありません。ぜひ、率直なご意見をアンケートにて寄せていただければと思います。

是非、ご協力をお願いいたします。

 

NPO法人 静岡県作業所連合会・わ
理事長  高木 誠一